FC2ブログ

日々の暮らしの中にある「一福」を見つけたい。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2018 >>
プロフィール

晴

Author:晴
暮らしを愉しみ、家事を愉しみ、 心豊かに朗らかに。

旧ブログ
「専業主婦・晴・の一日一福」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム
コメントはこちらまで。 お気軽にお寄せください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

石鍋で炊いたごはんで、穴子丼

   



ふと、図書館で手にとった、「湊かなえ」さん。

独特の世界が、中毒になってしまったようで、読み耽ってしまい、

夜、こわくて眠れなくなってます。

読まなきゃいいのに、続きが今も気になって・・・





いい穴子が手に入ったので、

2日がかりで、準備して、昨日は穴子丼に。

CIMG3387.jpg 


たれも手作り。

熱湯をかけて、ぬめりをとった穴子を、たれにつけて一晩。

そのたれを刷毛でつけながら、グリルで焼きました。


香ばしく、焼き上がりましたが、

少し、硬い。

煮穴子の方が、無難だったかもしれません。

これは、リベンジしたいです。




ごはんは、今も、韓国の石鍋で炊いています。

DSC_0144.jpg 

かにの穴、見えるかな。


今日もお越しいただきありがとうございました♪

にほんブログ村

応援のクリック、よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

コメント、メールもお待ちしています!!








スポンサーサイト
| comments(8) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  食日記
ジャンル:  結婚・家庭生活

まぁ~、なんと手のこんだ事!!
晴さんらしいです。
生の穴子、扱ったことないです。やっぱりヌメヌメですか?
「天麩羅」か「煮穴子」しか浮かばないです~。
ツメまで作るとは、さすがです。


今朝は、主人、何だかのんびり~。こういう時は朝はしっかり食べて行きます。
塩麹にさっと漬けたブリの切り身、アスバラ・胡瓜・エリンギの香の物、キノコのドライ缶詰(常備)とささがき牛蒡の卵とじ、葉物野菜のバルサミコ酢掛け。
年寄りの食卓だわね。と笑っておりました。で、毎朝のアマニ油入Rー1。土鍋や鉄鍋で炊く白米は主人の理想ですが、まだまだずっと先ですかしら、

アサリの佃煮を作ったり、ナン好きの末孫の為にナン作り(予習)と、ちょいちょい良い時間が作れています^^
ナンの写メを送り、今度一緒にこねこねしようね~と。
(又、墓穴を堀ってしまった)

でも、叔母の雲行きが怪しいのです。叔父を見送って2年。忘れる日も多くなってきたのに溜め息ものです(--;)

No title
晴さん
とても美味しそうです^^
そんな風にみえませんが硬かったんですか~
蒸す方法もありですか?
生の穴子から作られるなんて
なんて素晴らしい!
しかもリベンジされるなんて(^^♪
でも一から作りたいというお気持ちは
私もレベルの違いは歴然ですが
あります(^^♪
飽くなき追求ですよね。
私の場合は安心感と単なる食欲なんすけど(^▽^;)

Re: 花鳥風月さんへ

以前、主人が偶然釣り上げて来た時は、天ぷらにしました。
一度蒸した方がよかったのかしら?

まぁ~!
なんて贅沢な朝ごはんでしょう。
小鉢が並ぶお膳が目に浮かびます。

キノコのドライ缶詰、というのがあるんですね。
興味津々です。

手作りのナン、お孫さんとこねこねして焼きあげて、アツアツをはふはふ。
いいですねぇ(*'▽')

叔母さま、どうされましたか~?
お彼岸中ですからね、思い出されてしまったのかしら。
Re: こむぎさんへ
初めてなのに、調べずにやるなんて大胆でした(^^;)
蒸してから焼くとか、焼いてから煮るとか、
いろいろ方法はあるようです。

食べ物ですから、実験っていう言葉は適切ではないですが、
「どうやってできるのか、やってみたい」好奇心ですかね。
あとは、私も食欲、つまり食いしん坊ってことでしょうか(^◇^)

こむぎさんの一から作りたいものは、何かしら?
石窯で炊いた、ご飯美味しでしょうね
私は、土鍋や鍋で上手くご飯が炊けません
火加減が上手く出来なくて、吹きこぼれてしまいます
何か、コツがあれば教えて下さい

穴子、2日がかりで準備ですか・・
晴さんは、凄いね(^^♪
Re: せつさんへ
石窯じゃなくて、石鍋なんです。
ホントは、キムチチゲとかに使う鍋なんですけどね。

せつさん、確かル・クルーゼ持ってましたよね。
あれで、炊いたらおいしく炊けますよ。
(私は、なべ底を剥がしちゃったので、使えないのですが)

ガスコンロは、一番小さい火力の所を使い、中火から強火にかけます。
沸騰したら、弱火にして12~15分くらい炊きます。
沸騰したかな~とお鍋の蓋を開けてもだいじょうぶです。
その時に、お箸でかき回して平らにならしたりもしちゃってます。

石鍋に蓋がないので、アルミの軽い蓋を使っていますが、
問題なしです。
そう言えば・・・と思い出したのですが、
学生時代にキャンプで飯盒でごはんを炊きましたが、
火加減もアバウトなのに、意外においしく炊けました。

炊飯器より短時間で炊けるのも、私には好都合です。

関東のスーパーでは、なかなか穴子を見かけることがなく、
ついつい、飛びついてしまいましたが、
イマイチの出来になってしまいました。
ふっくらとしたのが食べたかったなぁ・・・
No title
晴さん
ありがとうございました
一番小さい火力を使うのですね
私は、一番強い火力で沸騰したら弱火にしてました
明日、ル・クルーゼで炊いてみます
Re: せつさんへ
ガスの火力も、都市ガス、プロパンなどで違うのかもしれないですが・・・

私は三口のコンロを一通り試してみて、結局一番小さい火力のコンロに落ち着きました。
そこで、沸騰までは強火から中火で、沸騰したら弱火。
ル・クルーゼは確か、強火はお鍋を傷めるんじゃなかったかしら。

ぜひ、トライしてみてください。
きっと、おいしいごはんが炊けますよ(*'▽')


この記事のトラックバックURL:
http://haruharumoni.blog.fc2.com/tb.php/608-28ef560b
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。