FC2ブログ

日々の暮らしの中にある「一福」を見つけたい。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2018 >>
プロフィール

晴

Author:晴
暮らしを愉しみ、家事を愉しみ、 心豊かに朗らかに。

旧ブログ
「専業主婦・晴・の一日一福」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム
コメントはこちらまで。 お気軽にお寄せください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

出番を待つふきんが並ぶ引出し

   

物は適量が落ち着きます。

冷蔵庫の中も、ぎゅうぎゅうするほど埋まっているのは、息苦しい。

でも、たくさんあるとうれしくなるものも・・・




ある日、スーパーで、買った、

名もないふきん。

極細繊維でできています。

CIMG2824.jpg 

8枚で、500円しなかったかと。

有名メーカーだと、1枚800円くらいしますよね。



なんとこれが、使い心地がよいのです。

濡らして、まずは台ふきんに。

水分の拭き取りもよく、ムラもできず、汚れ落ちもバッチリ。




CIMG2822.jpg 

左が、台ふきん。

右は、食器用。

洗って、すぐ乾くので、それぞれ一枚で十分。


くたびれて来たら、格下げしていく。

食器用は、台ふきんに。

台ふきんは、雑巾に。



こんな小さなものひとつで、台所仕事が快適になり、愉しい。

拭きたくて、拭きたくて^^


あんまり宣伝するものだから、一枚、釣り用に持っていかれました(^^;)



CIMG2814.jpg


格下げした雑巾。

窓の桟を拭いて真っ黒になりましたが、

固形石鹸で揉み洗いで、すっかり汚れが落ちました。


これは、静電気でホコリが落ちにくくなったちりとりを、

柔軟剤を薄めた液で、拭いたところ。

効果のほどは、いかに~ですが・・・



さしずめ、この雑巾は、最後はウエスとなって、

使い切り、ですかね。


引出しに、出番を待つふきんが並ぶ、

私が感じる贅沢です。




今日も、来てくださって、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


応援のクリックも、よろしく(^ω^)




コメント、メールも、お待ちしています(^o^)












スポンサーサイト
| comments(8) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
ジャンル:  結婚・家庭生活

バスタオルやフェイスタオルを1年に1回、定期的に替えるのですが、フェイスタオルの素材を、今回、晴さんが買った物と同じ素材にしました。
お値段優先だったのですが、ホント、すぐ乾きますね。

私も物は6、7分目が過ごし易いです(^^)
あちこちスカスカです(笑)


Re: 花鳥風月さんへ
ほ~んと、すぐ乾くし、拭き取りやすいです。
有名メーカーの極細繊維ふきんより、使い勝手がいいです。
極細繊維が進化しているのかな~
タオルも、心地よさそうですね。

スカスカ、最高!
足らないくらいがちょうどいいですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 鍵コメさんへ

お気遣いありがとうございます。
愉しみに、待っていま~す。
NoTitle
お父様ご心配ですね。
お父様にとってより良い方向に
向かわれますように。

極細繊維の進化がすごいのですね~
車の洗車用などでは持っているんですが
台所用はほとんどタオルを手縫いしてるものばかりなんですが
いつも足りなくなって
急いで調達している感じ。
これが満足な数があればいいな~って
いつも思っています。
でも常にギリギリな私。
ここでミシンが欲しくなるんです(^▽^;)

晴さんもお疲れがたまりませんように。
Re: こむぎさんへ
そうですね、
今、この責任者の私が、まだ方向性がわからないでいるのですが、
早晩、「これかも」とわかる時が来るのでは・・・と思っています。

極細繊維はすごいですよ~
私は、タオルだと汚れてしまったら落ちにくくなるので、
ふきんには使ってないんです。
極細繊維を、家にも導入されたら、目からウロコかもしれません。

ご心配いただきありがとうございます。
いつでもアドバイス、お願いします。


大変でしたね

自分自身で判断出来る私でも、内科医と心療内科が、薬に対しての考え方が真反対なので、時々立ち止まってしまいます。優先順位が異なるのだと思いますが。

今が正しいのかどうか分かりませんが、なるようになっているのだと思います。

病気は どれが正解か分かりませんね。

義母も、看取らざる得なかった叔父も、私達がどうすれば良かったのか、今でも分かりません。

ただ、どちらも入院、入所時に、「延命はしない」に、主人はサインをしました。これ又、重荷、続行中です。

神のみぞ知る…
なるように なります。
信じましょう。

どうぞ滞りなく良い方向に進みますように。


Re: 花鳥風月さんへ
外科の先生は、迷いなく手術を勧められ、
内科の先生は、手術のリスクを仰られる。
今、父は、その内科の先生の病院に入院しています。
日に日に、めまいや立ちくらみは収まってきています。
その先に何が待っているのか・・・
今はあまり先々のことは考えず、その都度判断していこうと思っています。

そうですね、信じましょうね。


この記事のトラックバックURL:
http://haruharumoni.blog.fc2.com/tb.php/523-3cd391d7
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。